韓流ドラマガイド

今尚たくさんのファンを魅了してやまない韓流ドラマ。ここでは、数々ある大ヒットドラマを紹介していくとともに、韓流ドラマの人気の理由を探ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

韓流ドラマが流行るワケ

韓流ドラマというと、昔から、暗いテーマのものが多く、衝撃的な展開を繰り広げる「メロドラマ」のようなものを思い浮かべると思いますが、最近では、「ラブ・コメディ」といった、さまざまなテーマのドラマも放送されています。

韓流ドラマは、視聴者の意見をとても大切にしています。
雑誌などで、ドラマの今後の展開を、予想するような企画があれば、その意見を重要視して、これからの展開を作ることがあるようです。
また、スタッフは、電子掲示板に書かれていることを、常にチェックしているそうです。

ほとんどの韓流ドラマが、「韓国放送公社(KBS)」、「文化放送(MBC)」、「SBS」という3大テレビ局によって制作されています。
製作されるペースは非常に早く、60~70分のドラマを、週2回放送することもあります。

日本で、韓流ドラマが放送されるきっかけとなったのは、1996年10月に、福岡の民放テレビ局「TXN九州」が、開局5周年を記念して放送された、「ミニシリーズ」という3作のドラマです。
その作品には、チェ・スジョンやキム・ヘス、ハン・ソッキュといった、韓国の芸能界を支えている俳優が多数出演していました。

その後、ハン・ソッキュが大ヒット映画「シュリ」に出演していたことで、日本全国でも知られるようになりました。
そして、衛星放送の韓国語チャンネルにおいて、数多くの作品が放送されることとなったのです。
また、2004年4月からNHK総合で放送された「冬のソナタ」が大ブームを巻き起こし、韓流ドラマを放送する局が増えていったのです。

「韓流ドラマ」には、共通する多くの特徴をもっています。それにより、視聴者が韓流ドラマに魅力を感じるようです。

それでは、多くの韓流ドラマで見られる特徴を挙げてその人気の秘密を探りたいと思います。

学校や職場での出会いから、恋愛に発展となるドラマは多いですが、因縁の出会いによりストーリーが展開する方が、ドラマはより盛り上がりますよね。
韓流ドラマの特徴として、この「因縁の関係」があります。
親が敵対する相手だとか、出生の秘密によって、認められない悲しい恋愛である場合が多いのです。
韓流ドラマで、欠かせない出来事(パターン)と言えば、「交通事故」です。
主役や女性は、大切な場面で、たいてい事故に遭遇します。
また、不治の病である場合もあります。
そのような不幸によって、相手との関係がさらに複雑になり、そのことが、よりドラマティックになります。

韓流ドラマのメインテーマは、辛く苦しい状況を乗り越えて愛を貫く、ということが多いです。
3角関係や4角関係はよくあることで、愛を純粋に求める登場人物に魅力を感じるのでしょう。
また、辛い恋愛を乗り越えていく上で、男も女も、とてもよく泣きます。
男であっても、泣くシーンをよく見られますが、韓流ドラマファンにとっては、その涙を「美しい」と感じるのです。

ドラマの登場人物は、自分に好意を見せている相手に対して、非常に鈍感です。
たとえば、「冬のソナタ」のユジンは、チュンサンがキスしても、自分のことを好きだということが、わからないくらいです。

このようなもどかしさが、ドラマのストーリーに気持ちが入り込んでいく重要な要素となっているのでしょうね。

★韓流ドラマの口コミを見る。★

スポンサーサイト
韓流ドラマ | トラックバック:0 |

「冬のソナタ」~「四季シリーズ」①

韓国の純愛ドラマブームの火付け役となったのは、なんといっても「冬のソナタ」でしょう。
「冬のソナタ」の魅力は、物語の舞台となった、韓国の春川(チュンチョン)の美しい自然を背景とした、素晴らしい映像です。
そして、純粋な「美しい初恋」をテーマとしたラブストーリーに、多くの人が心を惹かれるようです。
このような魅力が重なって、視聴者の心に響くのでしょう。
それでは、「冬のソナタ」のあらすじを簡単に紹介します。
韓国・春川の女子高生ユジンと、転校生のチュンサンとの初恋は、チュンサンが事故死した、という知らせにより、ピリオドが打たれます。
それから10年の月日が経ち、ユジンは、幼なじみのサンヒョクと婚約します。
ところが、ある日、女友達のボーイフレンドとしてミニョンという男性が現れます。
彼は、チュンサンとそっくりでした。
そして、たくさんの人を傷つけることを知りながらも、ユジンとミニョンは、強い愛の力で惹かれ合っていくのですが、次々と衝撃の事実が明らかになっていきます・・・。
日本では、「冬のソナタ」が社会現象にまで発展しました。
「冬のソナタ」を代表する、韓国純愛ドラマの日本人ファンは、現代の日本ドラマでは見られない「純粋なラブストーリー」のとりことなり、その世界から抜け出せない、抜け出したくない、と言います。
まだ見たことのない人や、興味があるという人は、DVD-BOXが販売されているので、ぜひ見てくださいね。
きっとあなたも、韓流ドラマにはまってしまうでしょう。


★韓流ドラマの口コミを見る。★

韓流ドラマ | トラックバック:0 |

「秋の童話 オータム・イン・マイ・ハート」~「四季シリーズ」②

「秋の童話 オータム・イン・マイ・ハート」は、「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が手掛けた、超人気ヒットシリーズ「四季シリーズ」の1つです。
日本では、韓流ドラマブームの先駆けとなって、大反響を呼びました。
「秋の童話」の見所は、やはり魅力的な若手俳優たちです。
ウンソを演じているソン・ヘギョは、純愛傑作と呼ばれる「世界の中心で愛を叫ぶ」を韓国でリメイクした「僕の、世界の中心は、君だ」に出演しています。
ジュンソを演じたソン・スンホンは、この作品が大ヒットしたことに伴って、中国や台湾、ベトナムなど、アジア諸国で熱烈なファンが急増しました。
また、テソク役のウォンビンは、素晴らしい演技力と甘いマスクが魅力的で、今では韓国四天王の1人となっています。
運命のいたずらに振り回される、若者たちの美しく悲しい姿を描いた愛の物語です。
金持ちの娘として育ったウンソは、両親や兄ジュンソに愛されながら、何不自由のない生活を送っていました。
ある日、ウンソは、クラスメートのシネと、病院で取り違えられていたことを知ります。
シネは、金持ちで育ったウンソに嫉妬してきたため、ウンソを追い出し、それまでのウンソの家族たちとアメリカへ移住してしまいます。
一方、ウンソは、シネの貧しい家で辛い日々を送ることになります。
それから、10年経ち、ホテルで働いていたウンソは、兄のジュンソと再会します。
ホテルオーナーの息子「テソク」に愛されていましたが、いつしかジュンソに惹かれ、2人は愛し合うようになります・・・。
「秋の童話」は、素直で純粋なヒロインに対する嫉妬深いいじめ、もともと兄妹関係であった2人の美しく悲しい恋愛・・・、と見所たっぷりですよ。


★韓流ドラマの口コミを見る。★

韓流ドラマ | トラックバック:0 |

「夏の香り」~「四季シリーズ」③

「夏の香り」は、「冬のソナタ」を手掛けたユン・ソクホ監督による、「四季シリーズ」の第3弾です。
主演は「秋の童話」のソン・スンホンです。
また、映画「ラブストーリー」に出演したソン・イェジンという、とても魅力的な2人が美しい愛の物語を演じています。
この作品のテーマは「運命的な愛」です。
シム・ヘウォン(ソン・イェジン)は、もともと心臓が弱く、心臓移植手術を受けることになります。
そして、健康な身体となった彼女は、フローリストとして働くようになります。
また、幼なじみのパク・チョンジェ(リュ・ジン)からプロポーズを受けており、幸せに過ごしていました。
ある夏の日、ヘウォンは、先輩フローリストのオ・ジャンミと山へ出かけることになります。
その途中で、ヘウォンは、ジャンミとはぐれ、足をくじいてしまいます。
そして、ヘウォンの目の前には、ユ・ミヌ(ソン・スンホン)という男性が現れます。
その時、突然ヘウォンの心臓が、激しく鼓動するのを感じます。
それは、運命の恋の始まりを告げることとなるのです。
ユン・ソクホ監督は、映像美の素晴らしさで知られているように、この「夏の香り」でも、夏の清らかな風景が印象的です。
音楽は「冬のソナタ」と同様に、RYUが担当しています。
ユン・ソクホ監督ならではの美しい映像に、RYUの繊細な音楽が加わることで、心惹かれる美しい世界をつくり出しているのです。
あなたも、「夏の香り」で、心から愛を感じてみてください。


★韓流ドラマの口コミを見る。★

韓流ドラマ | トラックバック:0 |

「春のワルツ」~「四季シリーズ」完結編

「春のワルツ」は、ユン・ソクホ監督による、ドラマ「四季シリーズ」の完結編です。
母親と2人だけで、美しい島で暮らしている少女ウニョン(ハン・ソイ)のところに、スホ(ウン・ウォンジェ)という少年がやってきました。
2人は、まるで実の兄妹のように、仲良く幸せに暮らしていくのですが、不意の事故によって、2人は離れ離れになってしまいます。
それから15年後、スホは、オーストリアで「チェハ(ソ・ドヨン)」という名前で、カリスマピアニストとして活躍していました。
彼は、孤独な日々を送っていましたが、マネージャーのフィリップ(ダニエル・ヘニー)だけに、信頼を置いていました。
そんな中、ウニョン(ハン・ヒョジュ)は、チェハがオーストリアにいることを知って、イナ(イ・ソヨン)と供に、オーストリアに行きます。
そして、オーストリアで、偶然なのか運命なのか、導かれるかのように4人は出会っていくのです。
この出会いによって、4人は複雑な運命を歩んでいくのです。
「春のワルツ」のメインキャラクターは、新人を登用しており、「春」の新鮮なイメージを感じます。
「ソ・ドヨン」は、2003年にモデルとしてデビューし、この作品は、ドラマ初主演作です。
「ハン・ヒョジュ」は、2003年、高校在学中に「ミスにっこり」で大賞を受賞して芸能界に入りました。
この作品では、ヒロインとして抜擢されて、ドラマ初主演を果たしました。
「イ・ソヨン」は、2002年にスクリーンデビューしてから、映画、ドラマと、女優として着実にキャリアを積んでいます。
「ダニエル・へニー」は、韓国系アメリカ人で、2005年の大ヒットドラマ「私の名前はキム・サムスン」でデビューし、この作品では、MBC演技大賞新人賞を受賞しています。
また、子役の「ハン・ソイ」と「ウン・ウォンジェ」も、大活躍しています。


★韓流ドラマの口コミを見る。★

韓流ドラマ | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。