FC2ブログ

韓流ドラマガイド

今尚たくさんのファンを魅了してやまない韓流ドラマ。ここでは、数々ある大ヒットドラマを紹介していくとともに、韓流ドラマの人気の理由を探ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「春のワルツ」~「四季シリーズ」完結編

「春のワルツ」は、ユン・ソクホ監督による、ドラマ「四季シリーズ」の完結編です。
母親と2人だけで、美しい島で暮らしている少女ウニョン(ハン・ソイ)のところに、スホ(ウン・ウォンジェ)という少年がやってきました。
2人は、まるで実の兄妹のように、仲良く幸せに暮らしていくのですが、不意の事故によって、2人は離れ離れになってしまいます。
それから15年後、スホは、オーストリアで「チェハ(ソ・ドヨン)」という名前で、カリスマピアニストとして活躍していました。
彼は、孤独な日々を送っていましたが、マネージャーのフィリップ(ダニエル・ヘニー)だけに、信頼を置いていました。
そんな中、ウニョン(ハン・ヒョジュ)は、チェハがオーストリアにいることを知って、イナ(イ・ソヨン)と供に、オーストリアに行きます。
そして、オーストリアで、偶然なのか運命なのか、導かれるかのように4人は出会っていくのです。
この出会いによって、4人は複雑な運命を歩んでいくのです。
「春のワルツ」のメインキャラクターは、新人を登用しており、「春」の新鮮なイメージを感じます。
「ソ・ドヨン」は、2003年にモデルとしてデビューし、この作品は、ドラマ初主演作です。
「ハン・ヒョジュ」は、2003年、高校在学中に「ミスにっこり」で大賞を受賞して芸能界に入りました。
この作品では、ヒロインとして抜擢されて、ドラマ初主演を果たしました。
「イ・ソヨン」は、2002年にスクリーンデビューしてから、映画、ドラマと、女優として着実にキャリアを積んでいます。
「ダニエル・へニー」は、韓国系アメリカ人で、2005年の大ヒットドラマ「私の名前はキム・サムスン」でデビューし、この作品では、MBC演技大賞新人賞を受賞しています。
また、子役の「ハン・ソイ」と「ウン・ウォンジェ」も、大活躍しています。


★韓流ドラマの口コミを見る。★

韓流ドラマ | トラックバック:0 |

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。