韓流ドラマガイド

今尚たくさんのファンを魅了してやまない韓流ドラマ。ここでは、数々ある大ヒットドラマを紹介していくとともに、韓流ドラマの人気の理由を探ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「コーヒープリンス1号店」

2007年7月に放送された「コーヒープリンス1号店」は、イ・ソンミの同名小説をドラマ化したもので、韓国では、最高視聴率27.8%を記録したドリーミング・ラブコメディーです。
ドラマの人気を受けて、原作の小説もベストセラーとなりました。
コ・ウンチャンを演じたユン・ウネは、ドラマのイメージに合わせて、思い切ってショートヘアーにしました。
コ・ウンチャン(ユン・ウネ)は、部品工場を経営していた父親を幼い頃に亡くし、一家の大黒柱となって、ワインバーやテコンドー道場などで働いて家計を支えている、たくましい女の子です。
なりふり構わずに働いているので、男性に間違われることは日常茶飯事です。
テコンドー道場がつぶれたことで、ウンチャンは、イケメン男性しか募集していない、カフェ「コーヒープリンス1号店」で、男性店員として働くことになります。
一方、食品会社の御曹司チェ・ハンギョル(コン・ユ)は、頭は良いが、他人に対して全く関心がなく、面倒を掛け合うことが嫌いな、徹底した個人主義者です。
ハンギョルは、留学先から帰ると、大会社を経営している祖母から、今にもつぶれそうな「コーヒープリンス1号店」の社長となるように命じられます。
男性定員として働くウンチャンに、ハンギョルは男として接しているうちに、次第に好意を抱くようになり、もしかして自分はゲイなのかもしれない・・・と悩みます。
果たして、2人の恋の行方はどうなるのでしょうか? そして、コーヒープリンス1号店の運命は一体・・・?

★韓流ドラマの口コミを見る。★

韓流ドラマ | トラックバック:0 |

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。