韓流ドラマガイド

今尚たくさんのファンを魅了してやまない韓流ドラマ。ここでは、数々ある大ヒットドラマを紹介していくとともに、韓流ドラマの人気の理由を探ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「宮~Love in Palace」

「宮~Love in Palace」は、韓国でミリオンセラーとなった人気少女マンガが原作の大ヒットドラマです。
韓国にもしも王室がまだ続いていたら、という斬新な設定が受けて大ヒットしました。
素晴らしい独特の世界観や、高い完成度の美しい衣装、そして、40億ウォンを超える豪華で色彩あふれるセットデザインが魅力の作品です。
舞台は、西暦2006年、任化14年です。
皇室では、現皇帝の容態が深刻化したことで、皇太子シンの結婚を早めようとしていました。
シンは、全く知らない相手と結婚するよりは、自分の恋人であるヒョリンと結婚した方が良い、とプロポーズします。
ところが、彼女は、バレリーナになる夢を捨てられない、と結婚を断られてしまいます。
一方、皇室では、先代の皇帝との約束によって、一般庶民のチェギョンを許婚として、結婚の準備が進められていました。
しかし、チェギョンとシンは、同じ芸術高等学校に通っていて、シンがヒョリンにプロポーズしている現場を、偶然目撃していたのです。
チェギョンは、皇太子シンは性格が悪く、他に好きな人がいるのに、結婚することはできない、と言い張りますが、借金に追われている彼女の家を救うために、シンと結婚することを決意してしまいます・・・。
「宮」は、韓国では2006年1月から放送されました。
皇太子シン役には、モデル出身で知性と美しい顔立ちを兼ね備え、とても人気のあるチュ・ジフンが演じました。
プリンセス役には、歌手で元「Baby V.O.X」のユン・ウネが抜擢されました。
また、同じく歌手で元「UN」のJohn-Hoon(ジョンフン)も、この作品で俳優活動に本格的に入りました。


★韓流ドラマの口コミを見る。★

韓流ドラマ | トラックバック:0 |

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。