韓流ドラマガイド

今尚たくさんのファンを魅了してやまない韓流ドラマ。ここでは、数々ある大ヒットドラマを紹介していくとともに、韓流ドラマの人気の理由を探ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「悲しき恋歌」

韓流ドラマ「悲しき恋歌」は、涙なしには見ることができない感動作と言えます。
1988年、ジュンヨン(グォン・サンウ)は、水商売をしている母親ソ・ヒャンジャのもとで、ケンカの絶えない日々を過ごしていました。
母親が米軍相手の売春婦をしていたことで、ジュンヨンは小学校でいじめに合い、母親を憎んでいました。
そして、ジュンヨン10歳の秋、クラブ歌手のミシュクが、母親のクラブに、姪のヘイン(キム・ヒソン)を連れてきました。
それが、ジュンヨンと、運命の恋人となるヘインとの初めての出会いでした。
ジュンヨンは、それまで愛情を感じることなく育ったため、ひねくれていましたが、盲目のヘインと出会ったことで、徐々に心を開いていきます。
また、ヘインと愛を育みながら、ジュンヨンは、眠っていた音楽の才能を開花させていきます。
ジュンヨンが17歳のとき、ミシュクが夜逃げをしたことで、ヘインも何も告げずに去ってしまいます。
その後、彷徨していたジュンヨンは、実父に引き取られることになりました。
名前も「チェ・ジュンギュ」と変えて、新しい人生をスタートさせます。
新しい学校では、運命の親友となるゴンウ(ヨン・ジョンフン)に出会います。
ジュンギュは、ヘインを忘れられないでいましたが、ある日、ヘインと劇的な再会を果たします。
数日後、アメリカに行くヘインと、別れる前に、2人だけの結婚式を挙げます。
そして、ジュンギュは、一流のギタリストになるために、勉強に専念して、ソウル大学器楽課を目指します。
ところが、不慮の事故によって、実技試験を受けられなくなってしまいます。
愛する人も夢も失って、絶望のどん底にいたジュンギュは、ニューヨークでヘインと再会するのです。
しかし、ヘインはなんと、親友のゴンウと交際していたのです。
そして、男女の悲しく切ない恋愛物語が始まるのです・・・。


★韓流ドラマの口コミを見る。★

韓流ドラマ | トラックバック:0 |

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。